menu_btn

オシロの哲学

オシロの「芸術文化大国をつくる」というミッションのために、なぜ今コミュニティ事業をおこなっているのか?そのオシロの哲学についてまとめました。
- 100年後の人々を感動させる作品が生まれることを願って -
コミュニティの力で、
日本を芸術文化大国に。
「アーティストとしては食べていけない」という理由で、
アーティストを辞めざるをえなかった多くの才能が日本にはたくさんあります。

日本をより創造性あふれ、クリエイティブな芸術文化大国にするために、
日本の作家・アーティストが作品をつくり続けられる環境が必要です。

私たちオシロは、コミュニティの力と可能性を信じ、
「コミュニティ・ファースト」の考え方で、
日本の文化・クリエイティブ産業を盛り上げていきます。
「コミュニティ・ファースト」という考え方で、アーティストを最大化させる。
「コミュニティ・ファースト」とは、作家・アーティストの活動をファン同士のコミュニティを中心に設計するという考え方です。

SNSが発達し、マスマーケティングでは届けたいエンドユーザーにメッセージが届かなくなっている中、ファンの共感を熱量に変え、ファンコミュニティを通じて、作家・アーティストの価値を最大化させていくという考え方です。

OSIROは、そうした共感を熱量に変えるコミットメントの高い有料エンドユーザーのためのオウンドプラットフォームを提供しています。
philosophy1
OSIROが提供する価値
OSIROは、作家・アーティストを最大化する「コミュニティ・ファースト」という考え方を、機能&システムと運用サービスでサポートする、オウンドプラットフォームです。

詳しくは、機能・サービスをご覧ください。
philosophy2
「コミュニティ・ファースト」を
文化・クリエイティブ産業に展開していきます。
OSIROが提供するファンコミュニティの可能性は、アート産業だけに留まりません。

音楽アーティスト、メディア、映画監督、スポーツ選手…など、私たちは、「コミュニティ・ファースト」の考え方とシステムを文化・クリエイティブ産業全体に展開し、産業全体の最大化に貢献していきます。
philosophy3
誰もが気軽にアートにふれられる世界を目指して
人間が、人間らしく健康的に生きるために、私たちは、心にも栄養が必要です。
アートとコミュニティは、どちらも心を豊かにし、人を幸せにする力があります。

日本が芸術文化大国になり、生活の中にアートが自然とあふれるようになったら?
アーティストがひとつの生き方として、もっと当たり前のものになったら?人が自分の拠り所となるコミュニティとつながることが当たり前になったら?

そして、多くのアーティストが最高の作品づくりに取り組み、
その中には、100年後の私たちを感動させ続ける作品が生まれるかもしれません。

「OSIRO」という仕組みが普及することは、
心を豊かにするコミュニティが増えることです。
それは、芸術文化のエコシステムづくりに貢献し、
アーティストがアーティストとして活動し続けられる世界、
だれもが気軽にアートにふれられる世界が実現できると信じています。

それは、日本という国、そして世界をよりよい場所にする力になると信じています。
philosophy4