menu_btn
2020.02.04
対談

コミュニティで生きるということ もう君は1人じゃない

「本を読まない人のための出版社」サンクチュアリ出版さまのWEBマガジンに、

「これからの暮らしを考える」をテーマとしたコミュニティ「Wasei Salon」を運営する

鳥井さん、長田さんとのトークセッションが掲載されました。


トークセッション「コミュニティで生きるということ」/Wasei Salon


コミュニティと芸術文化大国とのつながりとは。

存続するコミュニティとは。

「コミュニティで生きる」とはどういうことか。

 
という濃いトークをさせていただきました。

ぜひご一読ください。



・登壇者ご紹介

鳥井 弘文 (TOP画像左)
株式会社Wasei 代表取締役社長
北海道・函館市生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。大学卒業後、中国・北京へ渡り日系ITベンチャー企業に勤務し、中国版Twitterと呼ばれる微博(ウェイボー)を中心とした日本企業の中国国内PRに携わる。帰国後は、新しい時代の生き方やライフスタイルを提案するブログ「隠居系男子」を運営開始。半年で月間25万PVを達成し、現在はBLOGOSとhttp://Fashionsnap.com にも転載中。2014年9月に起業し株式会社Waseiを設立。主要事業として2015年1月1日、これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」を運営開始。「SUSONO」や「Wasei Salon」といったオンラインコミュニティの運営や、企業やメーカーのオウンドメディア運営も手がけている。

長田 涼 (TOP画像右)
コミュニティフリーランス
スポーツ大学を卒業後、ユニクロ→スポーツイベント会社→IT企業を経て、2018年にコミュニティフリーランスとして独立。これからの働くを考えるオンラインサロン「Wasei Salon」、卓球複合型施設「T4 TOKYO」、コミュニティ型まちづくり「渋谷をつなげる30人」のコミュニティマネージャーを務める。また、コミュニティポイント「mint」、NPO法人グリーンズ のコミュニティ事業にも関わっている。その他、コミュニティメディアの運営、コミュニティコンサル、コミュニティイベントなど、コミュニティを生業として活動中。また、フレスコボール日本代表選手としても活動している。

杉山博一 (TOP画像中央)
弊社代表取締役社長
1973年赤坂生まれ。1998年世界一周後、アーティストとデザイナーとして活動開始。30才を機にアーティスト活動に終止符を打つ。2006年日本初の金融サービスを共同で創業。その後、ニュージーランドと東京の二拠点居住を開始。外資系IT企業の代表に就任。「日本を芸術文化大国にする」というミッションを持ち、実現するべくサービス「OSIRO」を開発。2017年オシロ株式会社設立。作家やアーティストから、コンテンツ・メディア・ブランド企業まで、独自のコミュニティプラットフォームを提供している。

Share
イベントレポート|OSIRO COMMUNITY SEMINAR
2020年2月19日(水)株式会社オプトさま ファン化を促進させるコミュニティとは?
ニュース
イベントレポート|Peatix主催イベントに...
Peatix主催のティータイムイベントサロンに弊社社員が登壇しまし...
ニュース
雑誌『週刊東洋経済』の特集「すごいベンチャー...
【メディア掲載のお知らせ】 東洋経済新報社さまが発行する、雑...
ニュース
早坂香須子さん主宰コミュニティ、「LIFE ...
6月にオープンした新規コミュニティのご紹介です。 メイク...
ニュース
雜誌「Tarzan」のコミュニティがオープン...
6月にオープンした新規コミュニティのご紹介です。 雜誌「Tarz...