• Event
2018/Feb/16 18:26

オシロのソウルフード

オシロのソウルフード

お昼時。オシロのメンバーには欠かせないものがあります。
それは、このマグカップに入っているもの。
(ちなみにカップの作者は大友辰雄さん。
モダンさと素朴さを併せ持った信楽焼で、代表杉山の愛用品です。)



コーヒー?


かと思いきや、こちら自家製の味噌をとかした味噌汁なんです。
代表杉山の親戚宅で代々行っている味噌作りに、会社のメンバーも参加するようになりました。
「オシロ」という会社になる前からの習慣で、2015年から続けています。
とっても美味しくて、体にも嬉しい日本の、かつオシロのソウルフード。

今年も、有志メンバーで作りに行きました。


きわめてざっくりとした手順はこちら

① 大豆を1日水につける
② 小指と親指でつぶせるくらいの柔らかさまで煮る
③ 味噌すり機で大豆をミンチ状に
④ 麹を加える
⑤ 樽に入れ、圧をかける
⑥ 1年寝かせる

です!
手順のうちの、ハイライトをご紹介。



ホカホカの湯気をあびながら、いい塩梅の柔らかさまで丁寧に煮ていきます。



全体重をかけて、ギュッと圧をかけます。
今年は高身長かつ好青年な新メンバーが参加。
大豆はきっと、いまだかつてない圧を感じたことでしょう。
ますます美味しくなりそうです。


最後は味噌用の蔵に寝かせます。
来年また、迎えにいくのが楽しみです。